組織と業務

組織と業務

 

1.牛群管理支援事業:MPTの解析等で牛群管理獣医師等を支援します

 現在の給与飼料や給与方法が適正か否かを、牛の側から科学的に診断します

① 血液代謝プロファイルテストや牛群検定成績解析による栄養代謝診断
② 反芻センサによるルーメン環境診断
③ 病気の発生を抑制する飼料設計
④ 特定多発疾病(子牛の下痢症、蹄病、繁殖障害)の集団防除
⑤ 牛群管理(岩手県内畜産農家・企業および全国の放牧畜産農家・企業)
⑥ 牛群管理アドバイザー(全国の農家・農協・企業)
⑦ 現在開発中のセンサシステムおよび画像診断システムを用いた各種診断

飼料設計は家畜福祉をベースにして、反芻動物としての牛のルーメン環境の健康を維持しながら、牛本来の持って生まれた能力を最大限に引き出すことを目的としています。
栄養診断の対象は乳牛と繁殖牛および子牛、放牧肥育牛です。
*生産者の方で検診を行いたい場合は獣医師に相談するか直接お問い合わせください。

2.管理獣医師養成事業

① 代謝プロファイルテスト(MPT)およびそれに基づいた飼料設計の指導をオンラインまたは現地で行います

② 護蹄管理の研修(対面orオンライン)およびアニマルウェルフェアに基づいたロープワーク、歩様診断、指導級削蹄師と組んでの獣医師のための削蹄入門などの現地指導

 

3.循環型畜産研究・教育・普及事業:生産者から消費者までの一体化した協力体制を目指して

 アニマルウェルフェアおよび循環型畜産を中心とした研究だけではなく、消費者とも協力して20年後を見据えた生産現場作りを行います